掃除に役立つ5つの作用

今では、掃除のアイテムの選択肢として重曹を使用する人が増してきました。
雑誌やテレビといったメディアでも、特集として重曹を使った掃除方法が取り上げられるほどの人気のアイテムです。

重曹には、実は炭酸水素ナトリウムと呼ぶ正式名が付けられています。
ずいぶん前から存在しているので、炭酸水素には重炭酸という名で、ナトリウムには曹達(ソーダ)という名で呼ばれていたので、次第に重曹と略して呼ぶようになりました。

重曹と見聞きすると、パンやお菓子などを作るのに必要なふくらし粉の印象を抱いている人も多いでしょう。
実際には、食用のみならず医療や工業などの多くの分野で活躍しています。
重曹にはざっと分けて5種類の働きが挙げられます。

中和作用、消臭作用、それから研磨作用、膨張作用、軟水化作用といった5つが挙げられます。
この作用のすべてが掃除に役立つため、重曹は不可欠な存在となのです。

中和作用とは、酸化した汚れを弱アルカリ性の水に溶けた重曹が中和することを指します。

消臭作用とは、悪臭を引き起こす酸性化した汚れについて先に挙げた方法で中和することでにおいを消すことができるものです。
それから、分子構造がやわらかいという特徴を持っているので、傷つけずに磨くことができることが明確になっています。

膨張作用とは発砲作用とも呼ばれ、汚れの中心部分にまで行き届き、しみに変化した汚れにも作用して浮き上がらせる効果があります。

それから、軟水化作用というのは、重曹で水がやわらかく変化し洗浄力を増す作用のことです。

このような5つの作用を利用して、色んな場所を掃除するのに使っています。
使用方法にはちょっとしたやり方があるので、汚れや場所にピッタリな使い方を選んで、賢く利用していきましょう。

投稿日: