液体石けんや粉石けんを足して重曹強力洗剤を作る

重曹強力洗剤は、重曹に液体石けんや粉石けんを足して完成させることができます。

重曹の作用によって汚れを中和させて分解し、浮かび上がらせた汚れを石けんで包み込むことで落とすことができます。
重曹と石けんのダブルのパワーを生かした掃除洗剤を作ってみて、家の中の汚れを除去しましょう。

重曹は食用や薬用のタイプを選べばリスクが低いですから、石けんも自然素材の種類を用いればどこの掃除にも役立てられます。
重曹と合わせる液体石けんは、合成界面活性剤の備わっていない種類を選んで使っていきましょう。

重曹と液体石けんの比率が2対1になるようにミックスすれば、ペースト状の強力掃除洗剤を作成できます。

重曹と粉石けんは3対1のバランスにして作るのが好ましく、固形タイプのものはおろし金を駆使してパウダー状に変化させてから混合します。
固形の石けんを選択する際には、成分表示を確認してください。

強力洗剤を作り上げる際に最適な石けんを選ぶには、「石けん素地」「純石けん」「石けん」と表示されているものが良いです。
天然の香料が配合されているときは、掃除した後に心地良い香りを残してくれるので、警戒する必要はありません。

ペースト状だとしても、パウダー状だとしても同様に扱います。
台所を掃除したり、食器を洗ったり、トイレ掃除をするときにも力を発揮します。

シミができてしまった襟や袖口も、塗ってから放置した後に洗濯機に入れるだけで簡単にきれいになります。
パウダー状の洗剤は、湿らせることでペースト状のものと変わらない使い方になります。
振りかける形での使用が可能なように、ちゃんとふたに穴があいている入れ物に保持しておくのが便利です。

投稿日:

磨き粉としても活用。除菌・消臭効果も。

重曹は、家の中の隅々の掃除に利用することができます。
ドラッグストアやホームセンターなどの店頭には、掃除をする目的の場所に対して色々なクリーナー洗剤が取り揃えられています。

掃除洗剤の多くは、効果はあっても肌に及ぼす影響も強く、肌トラブルを招く可能性があります。
ですが、重曹の場合は心配なしで思う存分使えます。

擦り洗いをよくするキッチン周りや食器などの汚れを落としたい時は、磨き粉として重曹を活用してみましょう。
茶渋などの強い汚れには、重曹を水に溶かしてそこに浸けておくことでたやすく洗浄することが可能です。

重曹は汚れを浮き上がらせる働きを持っているので、これを用いて焦げ付きが出ているところや、風呂場の湯垢といったものを難なく除去することができます。

消臭効果を備える重曹を用いると、掃除と一緒に消臭効果も望めます。
危険性はありませんので、多くの食べ物が入っている冷蔵庫内を掃除する時にも活用できます。

生ゴミに対し直でかけるだけで、酷いニオイを放たないようにしてくれるので、掃除以外でも力を発揮します。
排水溝の掃除については、直で振りかけて放置しておき、いくらか時間が過ぎたら流すやり方がおすすめです。

汚れやぬめり以外にも、嫌なニオイも取り去ってくれます。
重曹を振りかけた時に水も一緒に少しかけておくと、発泡作用が起こり長時間汚れと絡んでくれるのでお風呂洗いにも使えます。

見逃しがちなじゅうたんに対しても振りかけるだけで、不快なニオイや雑菌をすんなり落としてくれます。
お部屋の拭き掃除に用いれば、掃除をしつつ除菌効果ももたらされます。

掃除のみならずそれ以外にも多くの利用方法があるので、重曹を一つ持っているだけであらゆる日常生活で活かすことが可能です。

投稿日:

さまざまな掃除に活用できる

重曹は、粉で取り扱われていますが、それだけで使用したり、他のものにミックスさせて新しい強力洗剤を編み出して掃除に役立てます。
食用の重曹を取り入れると、心配せず部屋の中の掃除に使用することが可能です。

粉末状のまま使うのが至ってシンプルなやり方ですが、汚れに直で振りかけて磨いたり、嫌なニオイが出ているところに振りかけて掃除機で吸引する使い方があります。

洗濯できない布製品などにも、振りかけてから吸い上げる使用方法でしっかり効き目があります。
高い除菌の効果もあるので、洗えない製品の雑菌の繁殖を阻止することが実現します。

水に溶かして活用すると、つけおき洗いが可能です。
続々とつけおきしている間に汚れを分解してくれるので、食器や衣服、それから化粧小物などが手軽に元のきれいな状態に戻ります。

重曹の粒はやわらかくあまり傷つくことがないので、擦り洗いも安心して行うことができます。

これまではというと、重曹だけを活用した掃除方法でしたが、重曹と石鹸をミックスさせると強力洗剤を作ることができます。
それを使えば、専用洗剤でないと取り除けなかったトイレの汚れや、台所の油汚れも容易に落とすことができます。

重曹に液体石けんをプラスしたもの・重曹に粉石けんをプラスしたものなど、使い分けができます。

それから、重曹と漂白剤を混ぜ合わせればカビ取り剤や除菌剤として力を発揮してくれます。
場所を選ばずに用いることが可能ですから、台所用・お風呂用など何種類も備えておかなくても構いません。

重曹をミックスさせた洗剤に好きな匂いを備えさせることもできます。
重曹にエッセンシャルオイルを混ぜ合わせるだけなのですが、種類によっては害虫を寄せ付けないにおいもあるので、うまく利用すれば掃除しながら虫除けとしての効果も期待できます。

投稿日:

掃除に役立つ5つの作用

今では、掃除のアイテムの選択肢として重曹を使用する人が増してきました。
雑誌やテレビといったメディアでも、特集として重曹を使った掃除方法が取り上げられるほどの人気のアイテムです。

重曹には、実は炭酸水素ナトリウムと呼ぶ正式名が付けられています。
ずいぶん前から存在しているので、炭酸水素には重炭酸という名で、ナトリウムには曹達(ソーダ)という名で呼ばれていたので、次第に重曹と略して呼ぶようになりました。

重曹と見聞きすると、パンやお菓子などを作るのに必要なふくらし粉の印象を抱いている人も多いでしょう。
実際には、食用のみならず医療や工業などの多くの分野で活躍しています。
重曹にはざっと分けて5種類の働きが挙げられます。

中和作用、消臭作用、それから研磨作用、膨張作用、軟水化作用といった5つが挙げられます。
この作用のすべてが掃除に役立つため、重曹は不可欠な存在となのです。

中和作用とは、酸化した汚れを弱アルカリ性の水に溶けた重曹が中和することを指します。

消臭作用とは、悪臭を引き起こす酸性化した汚れについて先に挙げた方法で中和することでにおいを消すことができるものです。
それから、分子構造がやわらかいという特徴を持っているので、傷つけずに磨くことができることが明確になっています。

膨張作用とは発砲作用とも呼ばれ、汚れの中心部分にまで行き届き、しみに変化した汚れにも作用して浮き上がらせる効果があります。

それから、軟水化作用というのは、重曹で水がやわらかく変化し洗浄力を増す作用のことです。

このような5つの作用を利用して、色んな場所を掃除するのに使っています。
使用方法にはちょっとしたやり方があるので、汚れや場所にピッタリな使い方を選んで、賢く利用していきましょう。

投稿日: